スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うれしい返事

先日、皆さまからいただいた支援金の一部を、
ジョイントチームとして寄付させていただいた
熊本の「こまどり保育園」さんから、
このようなお礼状が送られてきました。

ご支援をいただいた皆様
 まずは、前回に引き続き、
皆様方の心温まる多額の支援寄付金、心よりお礼申し上げます。

 先日の阿蘇山噴火・・・風向きの影響か、
大分や四国にまで降灰したようですが、
私達どもの保育園のある熊本市内は、
比較的少量の降灰でした。
 
 4月の地震・6月の豪雨・先日の阿蘇山の噴火・・・と
今年の熊本は災害続きで、なかなか復興も進まず、
当園も前回(5月)応急的に自主改修・補修したのみで
保育を継続している現状ですが、
安心・安全な建物の使用開始に向け、
耐震診断調査をした後、行政との話し合いとなる見込みです。

 子ども達には、大変不便をかけていますが、
幸い、園庭やプールは使用可能でしたので、
今夏は思い切りプール活動、昆虫採集、9月には、
運動会を無事に開催することができました。
時間やスペースも限られた中での練習でしたが、
当日、子ども達は予想以上の頑張りを見せてくれ、
涙の止まらない記憶に残る運動会になったと同時に、
あらためて子ども達の 未知なる可能性に鳥肌がたち、
熊本を絶対に復活させる・・・という元気や勇気をもらいました。
これからも、笑顔を忘れず、、子ども達と頑張っていきます。

 今回も、木田様を始め、福島ハーメルン・プロジェクトジョイントチームの皆様、
そして46名という多くのご支援をいただいた皆様方にもよろしくお伝えください。

                     社会福祉法人託麻福祉会
                     こまどり保育園
                     園長 工藤一史他職員一同
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。