FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャンプ報告書ができました

毎回キャンプ終了後に出す報告書が、
出来上がりました。
この報告書に
熊本の皆さまにはお見舞い状を、
他の地域の方々には、
熊本支援への理解を求める手紙を
それぞれ同封しました。
以下は熊本の皆さまへのお見舞いです。

熊本の皆さま
今回の熊本大震災で被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。
14日の激震から、はやくも1ヶ月になろうとしています。
皆さまの地域での復興は進んでおりますでしょうか?
震度1以上の余震回数が、
昨年度の日本全国のそれにほぼ匹敵するという
前例のない事態を現在も耐え忍んでおられる皆さまの苦しみは、
察するに余りあります。
どうか熊本魂を忘れず、試練を乗り越えてください。

振り返れば、皆さまとのご縁ができましたのは、
私たち福島ハーメルン・プロジェクトチームジョイントチームが、
福島の子どもたちを放射線被ばくから守る活動をはじめるにあたって、
チャリティー絵本「奇跡の木」を作り、
その賛同者になっていただいたことによります。
そのときいただきいた熊本の皆さまの温かい声援は、
いまなお私たちばかりでなく、
福島の子どもたちの心にも鳴り渡っています。

私たちジョイントチームは、そのご恩に報いるため、
チームに寄せられた寄付の一部を熊本に献金する活動を開始しました。
それがどれだけ皆さまの苦境を救う手立てになるかわかりませんが、
全力で募金活動を行い、皆さまに返礼したいと望んでいます。
これから夏になり、被災地での生活はいっそう厳しさを増します。
どうか健康には十分ご留意いただき、この難局を生き抜いてください。
私たちは、いつも、いつまでも熊本に思いを寄せていきます。
まけないで まけないで まけないで熊本!
 一言お見舞いまで。      
        福島ハーメルン・プロジェクトジョイントチーム 木田拓雄
2016051009500000 (2)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。