FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「世相2015-2016」 ずっとあったもの

「ずっとあったもの」

灯りのない部屋のなつかしい明るみと
火影がまばらな薄暮が競り合うころは
うとうとした気分になり
生きている証のようなものが欲しくなる

部屋ではネコが寝そべり
本棚の中では家族の写真が
ひっそりと息をし
みんなで囲む食事の席がある

母子家庭なので豊かな食卓とは言えないけど
旬の野菜が丁寧に料理され
やさしい味付けが
行きかう言葉まで穏やかにする

笑いがあり
小さな悲しみが部屋の隅にうずくまり
ときには怒りがあっても
いたわりがすべてをおおっている

家を離れればそれぞれが自分の世界を生きている
霧が晴れていく港を見下ろし恋をささやいたり
原生林に分け入って寝袋の中で朝を迎えたり
モーツアルトを聞きながらカフェでコーヒーを飲んだり

しかし家に帰れば
裾の縮んだ着古した服に着替え
それぞれが母の子どもにおさまり
兄になり 姉になり 弟や妹になる

家族が好きなボードゲームが持ち出され
メモ魔ぞろいの必需品
ミスプリント用紙の束と2Bの鉛筆が食卓にあり
調子はずれな鼻歌がどこからともなく聞こえてくる

雨だれを聞きながら本を読むか日記を書く
子どもたちの誰かが
母のへそくりの隠し場所のオルゴールから
小銭を拝借するたびに「ホフマンの舟歌」が鳴る

これらはずっとあったもの
昔からあったもの
母親が使っていた水虫の薬のように
それぞれの肌に染みついた家族のにおい

手と目と鼻と耳に馴染んだ
このようなものほどゆかしく感じられ
心を浮き立たせ
生きてきた証だと思える

ああ、戦争とは人間と学校と森を破壊するばかりでなく
このような穏やかな日常まで奪いつくしてしまう
うるわしい営みを荒廃させる暗いさざなみへの抵抗が
夕べの祈りのように静かに立ち上がるといい

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。