FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「世相・2015」 風の鳥

「風の鳥」

折り紙を買いなんとなくツルを折った
重い病気の友人がいるわけでなく
必勝を祈願するチームが
今まさに戦おうとしているのでもない
折ヅルで平和を祈念したいのでも
長寿を祝う身内がいるのとも違う
まさになんとなくツルを折った
過去にもそんなことがあった
そのときの気持ちはもう思い出せない

小さな娘と二度折ヅルをしたことがある
その理由と情景は今でも鮮明に覚えている
家の近所の小さく貧相な公園
娘は12月の陽射しの中でブランコをこいでいた
少し離れたところで妻が腕組みをし
風になびく娘の髪を眺めていた
妻に近寄り娘のプレゼント代を落としたと打ち明けた
妻は娘の耳に届くほど大きな声を上げた
   お金を失くしたなら今年のプレゼントはなしでしょう
   何がサンタさんよ
   いい機会だからこの世にサンタクロースなんていないことを
   きっちり教えてやるといいわ
妻は私たちを置き去りにして公園を出て行き
娘とふたりで家に帰った私はコタツでツルを折った
たんすの上には冬空に捨てられたネコみたいな
粗末で寒々しいクリスマスツリーがあり
ツリーに巻きつけたイルミネーションが明滅していた

二度目は娘から折ヅルをしようと言いだした
下の子を出産した翌日に
妻がいる病院へ娘と行くつもりだった
テレビの「サザエさん」の歌が
どこからとも知れず部屋に流れ込んでいた
このときに「風の鳥」の話を娘にしてやったのだと思う
   ツルの中には8千メートルの山を越えるものもいる
   ウソだ ウソだ そんなに高く飛べないよ
   本当だよ 山のてっぺんは雪ばかりですごくすごく寒い
   どうしてツルはそんな危ないことするの?
   住んでいた場所が寒くなってきたので
   温かいところへ引越しするんだ
   ツルは山間の谷に吹く強い風をつかまえて舞い立つ
   それとね お前みたいに小さな 
   生まれてすぐの子どもも連れて
   8千メートルの山を越えていく
   だからその山にいる人は ツルを「風の鳥」と呼ぶんだよ
   
娘は目を輝かせて聞いていた
娘に話しながら私の頭には
アネハズルがヒマラヤに飛来する姿が浮かんでいた
山頂の雪の純白と青々燃える空
風の音以外すべてを凍りつかせる荘厳な空気の中
翼を目一杯広げ雲ごと風をつかまえんとするツル
舞い上がった「風の鳥」はすぐにV字の編隊を作り
ジャンプのスキー選手のように首から足先まですっきり伸ばし
ツルの子をかばいながらヒマラヤ越えに挑む

その後長い年月がたち
急に思いついて今朝ツルを折ったときにも
ヒマラヤ越えする映像が私の頭を占領していた
ゆらぎながらひとり生きるものの心に
ときおりおとずれる一陣の風
その風に私は問う
私は何を失い かわりに何を得たのか
私は何を残し かわりに何を奪ったのか
いつまでも続く明日への祈りのように
私は「風の鳥」を折る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。