FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

制作現場から・・・・・・(12)

絵本を作るにあたっての
イラストレーターの藤井さんと
私の間の数少ない約束事として
どのページにも月と太陽を登場させた
と前回述べました。
それぞれのページを見ながら
その意味するところを考えてみたいと思います。
!cid_05079ECC-1A23-4BF4-9E0E-93B4FBEBEB4E.jpg

これは最初のパートの絵です。
このページの文はこんな風です。
「人類を生んだその赤い大陸では
平原のまんなかを三日月が歩くらしい」
この平原を三日月が歩くという部分は
他者の詩からの引用で
確か阪田寛夫さんの詩でした・・・。

このページに描かれた三日月は
平原を歩く月に由来するのでしょう。
当初の絵にはだから
太陽はまだありませんでした。
この最初のページを作ってから
先の約束事にいたるには
数週間の経過があります。

その間私が考えていたことは
自然の一日は
太陽と共にあるか
月と共にあるかなのだ
ということだったと思います。

なぜ両者を並存させなければならないのか
私にはまだわかっていません。
A~Zなのでしょうか?
絵本はトータルないのちの結びつきを
描きたいのでしょうか。
よくわからないままに
私たちは各ページに
月と太陽を描く方向へと進みました
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。