スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30日から春のキャンプがはじまります

東日本大震災から6年。
3月11日の震災記念日当日、
今年も国内外の各地で「揚がれ!希望の凧 2017」のイベントが行われました。
昨年に続き、私たちも県立淡路島公園での凧揚げに参加しました。

今月末の3月30日~4月3日に春の「ワクワク淡路島キャンプ」が開催されます。
このキャンプでは、
福島ハーメルン・プロジェクトジョイントチームの独自の取り組みとして、
福島から招く5家族16人の子どもたちと一緒に、
希望の凧を飛ばします。

今回の目玉はメンバーが力を合わせ、
一番大きな凧を手作りしたことです。
横60cm・縦80cmの骨組みを作り、
和紙を貼り、メッセージを書きました。
IMG_3630 (2)

贈る言葉は当初「希望に歩めフクシマっ子」でしたが、
和紙を張ったあとに見たNHKのドキュメントで、
空爆でせん滅されるシリアの多くの子どもの悲惨な映像を見て、
「希望に歩め世界の子どもたち」に変更しました。
FullSizeR (2)

イベントでは、この大ダコのほか、
親から子へのメッセージを書いた中ダコ3枚、
子どもたちが自分の夢を記す14枚のタコを用意します。
大中小20枚の凧を空いっぱいに飛ばし、
「負けてたまるか!」の福島の思いを、
世界に伝えようと思います。
スポンサーサイト

30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。