スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サプライズ

確かにサプライズでした。
昨日淡路市のウエスティンホテルで
兵庫に拠点をおくライオンズクラブが一堂に会して
地区年次大会が開かれました。
参加者が800人とも言われる大大会です。
その大会で福島支援GOODS販売を許可され
準備に忙殺されていた前日
あるライオンズクラブのメンバーでもある
友人から電話をもらいました。
「サプライズを用意してあるから」と。

開会前に「地区ガバナー」と呼ばれる大会議長から
福島HPジョイントチームに寄付をしたいので
目録を渡すセレモニーをやりたいと告げられ
私はわけもわからず儀式に臨みました。
手渡されたのは「118,000円」と記された支援金の目録。
チャリティー絵本に換算すればなんと118冊分の寄付です。
驚きました。ホンモノのサプライズでした。
2015042621300000 (2)

物品販売、寄付とも好調で
「本から生まれるものは愛」を含む物販は54,900円
寄付は11,762円もいただき総合計184,662円
短い時間なのに中身がぎっしりのうれしいひとときでした。
ライオンズクラブの皆さま本当にありがとうございました。
いつもいただくご支援に心より感謝申し上げます。
スポンサーサイト

寄付金いただきました

プロジェクトが終了した4月3日
次に私たちを待っていたのは
パトロンの皆さまにお礼の品々をお送りすることでした。
それを終えた17日には待望の寄付金が
「CAMPFIRE」を通して振り込まれてきました。
「本から生まれるものは愛」初版3000部。
これで支払いが可能になりました。
寄付をくださった皆さまありがとうございました。
「CAMPFIRE」さまお世話になりました。

しかし勝負はこれからです。
できるだけ早く初版を売り切り
増刷できるように頑張ります。
「本から生まれるものは愛」の販売が本格化すれば
また活動報告を使い皆さまへの支援を訴えたいと思います。
その節にはなにとぞよろしくお願いいたします。
2015042310330000 (2)

写真はお礼の品のひとつ
子どものメッセージ入りキャンプ総集編アルバム。
とても好評なのでご紹介することにします。
(福島HPジョイントチーム 木田拓雄)

リターン発送開始

クラウドファンディングには
資金提供者(パトロン)にリターンと呼ぶ
お礼の品を贈る仕組みがあります。
写真はリターンに用意した全商品です。
キャンプ報告書・子どもからの礼状・キャンプの最新写真
冠バッジ・「奇跡の木」・「本から生まれるものは愛」
Tシャツ・礼状つきキャンプアルバム集
2015041314500000 (2)

今日からリターンの発送がはじまります。
142人のパトロンの皆さますべてに
発送するのに何日かかるのでしょう。
今週中にはお届けしますので
しばらくお待ちいただけませんでしょうか?
よろしくお願いいたします。

書店での発売がはじまりました

一昨日投稿した画像はチラシの裏面です。
表では私たちのチームを紹介しています。
キャンプの写真を添えて活動をアピールし
「本から生まれるものは愛」の購入につなげる。
これが私たちの戦略です。
販売にどうかご協力ください。
150409-0001.jpg

朝のNHKニュースで
「もののけ姫」などの美術監督で有名な山本二三さんが
陸前高田の1本松に取材した「絵本」を完成させ
「希望の木」というタイトルで発売予定と報じられました。
私たちは2012年に同じテーマで「奇跡の木」を上梓し
残部僅少ながら現在も販売しています。
こちらのチャリティー絵本の購入もあわせてお願いいたします。
「希望の木」対「奇跡の木」 ぜひ読み比べてください。 

「愛のウエーブ」

約1週間ぶりの投稿です。
長い中断だったと思うのは
毎日のように記事をアップしていたからでしょうか?
私たちのプロジェクトはここからが勝負。
皆さまの力で発刊できた本を売って売って売りまくります。
!cid_41D53796-C3B0-4BF2-9E52-2901CB627F94.jpg

藤井さんと一緒に販売用のチラシを作りました。
このチラシを活用していただき
次は販売でのご協力をお願いします。
小さな組織で市民運動の経験者もいない私たち。
賛同してくださる皆さまとの絆だけが財産です。
皆さまにご助力いただいて起こすムーブメントを
「愛のウエーブ」と名づけました。
八代亜紀の歌の題名みたいですね(笑い)。
でもかまいません。
一緒にウエーブをお願いします。

カウントダウン・・・1

募集終了まで4時間ありますが
私たちのプロジェクトはこれでおしまいにします。
支援総額1,328,310円。もう十分です。
3月26日~30日まで行なった淡路島の春のキャンプ最終日
子どもたちは海に出て「ワンピース」式の別れを行ないました。
私たちも同じサインでプロジェクトの幕を引きます。
P3290832 (2)

皆さま大きな愛をありがとうございました。
皆さまの浄財は写真の子どもたちを
決して不幸にするなと訴えかけてきます。
もちろん私たちもそのつもりでいます。
「福島の子どもに笑顔を」
プロジェクトが掲げたこのスローガンが実現するまで
子どもの笑顔を奪うものとの戦いを
私たちは止めないでしょう。

カウントダウン・・・2

プロジェクト終了まで
残すところあと12時間あまり。
130万円に達するには46,690円足りません。
目標を120万円にすえていたときは
あるパトロンの振込みにより一気に解決しました。
今回も希望を捨てずに待つことにします。
!cid_DAEF8137-19B3-4FF9-95F6-B01629843CDE_20150402111348069.jpg

印刷会社からすでに絵本が届いています。
皆さまの支援のおかげで初版3千部です。
4月の中旬には全国の書店に並ぶことでしょう。
お目に留まりましたらご購入ください。
よろしくお願いいたします。

カウントダウン・・・3

1月14日に開始した
資金募集の期限まであと2日になりました。
支援総額1,225,310円 パトロン数134人
ここに至れば130万円達成へと夢が膨らみます。
活動報告は今回で38通目。
この投稿数は「CAMPFIRE」の記録かもしれません。
今日と明日支援を訴え40通まで頑張ります。
IMGP0490_20150401111817f9c.jpg

今回の写真は原点に戻り
プロジェクトへの支援を訴えるページの
メイン画像を選びました。
2013年夏のキャンプの写真。
3人の少女、サクラ・ミズキ・ユイもそれぞれ、
今年9歳、10歳になります。
支援している福島の子どもたちが
高校、大学へと進学するまで成長を見守り
彼らに奨学金を渡すのが私たちの夢です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。