スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャンプ最終日

キャンプ5日目
朝から宿舎の大掃除をして
バスで三ノ宮に移動しました。
子どもたちとはいよいよお別れです。
伊丹空港行きのリムジンバスに乗る前に
ピザハウスで最後のひと時を過ごしました。
全員で特大のピザ12枚を平らげ
子どもたちは意気揚々と車上の人になりました。
IMG_2802 (2)
IMG_2810 (2)

キャンプの目標は
「ひとりの病人もけが人もだすことなく、
淡路島に来たときよりもっと元気に、希望にあふれ
福島に戻ってもらう」ということでした。
確かに子どもたちは私たちの願いどおりに
晴れやかな笑顔で福島に帰って行きました。
スポンサーサイト

キャンプその後

春キャンプ4日目となる29日(日)は
イベントてんこ盛りでした。
総合工作芸術家だるま森+えりこさんの
楽器作りワークショップにはじまり
これで6回目となる
ワクワク淡路島発見キャンプの旗制作。
そして名作「脱皮」のミニライブへと続きました。

途中から関学応援団とチアリーダーが加わり
心のこもった演舞で子どもたちを励まし
「勇気をもって生き抜け」とエールを送ってくれました。
最後の校歌「空の翼」には私も輪に加わり、
はじめて涙しながら校歌を謳い上げました。
ありがとう・だるま森+えりこさん
ありがとう・関学応援団 チアリーダの皆さん

今回のキャンプでも
子どもたちはひとりもケガも病気もせず帰路につき
3時すぎに無事福島到着の報をもらいました。
多くの寄付をいただいた皆さまに
とりあえずのキャンプ報告です。
P3290713 (2)

キャンプ開始

多くの寄付に支えられた
春のキャンプの報告を
と思っているうちに
4日目になってしまいました。
昨日は淡路島に隣接する
島全体が国立公園の無人島
成ヶ島に行きました。
P3280376.jpg

そこでキャンプのハイライトのひとつ
釣りと全員参加の大運動会をしました。
全員揃っての記念撮影です。
続報は後日に・・・。

あと7日

P1010650.jpg
プロジェクトもあと7日。
最終目標とした120万円まで
残りおよそ58,000円です。
まるで選挙みたいですが
あと少し、もう一歩です。
皆さまのご支援よろしくお願いいたします。

写真はラジオ関西でのスタジオ風景です。
向かって右がゲスト出演した私たちのメンバー。
前回のMBSのときもそうでしたが
彼女の説明は実にわかりやすく
説得力がありました。

それに林キャスターの朗読がすばらしかった。
♪いちばんいいのは
海に携帯電話を捨てることだ
ぼくは孤独の大切さを生きる
安っぽいつながりでぼくはいやされたくない♪
「本から生まれるものは愛」から
このような部分を読んでもらいました。

時間です 林編集長

!cid_7FC13EBA-D968-4F25-BB3D-A81ECE812558.jpg

私たちのプロジェクトは皆さまのご協力で
目標金額の85万円を超え成功しました。
しかしながら私たちの最終目標は
絵本を作ることではなく
できるだけ多く印刷・販売し
十分なキャンプの資金を得ることにあります。
募集期限である4月3日、00:00の
最後の1秒まで諦めずお願いを続けます。

本日ジョイントチームのメンバーが
ラジオ関西「時間です 林編集長」に出演し
支援を訴えます(本人の出演時間18:30~18:50)。
558kHzにダイアルを合わせぜひお聞きください。

写真は本文に使ったTシャツのデザインです。

パトロン募集終了まであと2週間

昨日と写真は同じですが
告知内容が違っています。
「本から生まれるものは愛」について
神戸新聞から取材を受けます。
インタビューはキャンプ中の予定です。

ラジオ関西558kHzの放送は
24日(火)16:30~19:00です。
ジョイントチームメンバーの出演は
18:30~19:00の予定。
ぜひお聞きくださいね。
!cid_DB41F5D2-B22A-49AA-B477-EF1DE6815EDF.jpg

3月20日現在
支援総額は1,091,810円
パトロン数118人
あと14日しかありません。
引き続き支援をお願いいたします。

まだまだTシャツ

Tシャツの3つめの案ができました。
もともと本文の絵として用意したのに
そのページにはほかものを使ったため
はじき出されてしまったのです。
いいデザインなので捨てがたく
Tシャツに生かそうと思い立ったわけです。
!cid_DB41F5D2-B22A-49AA-B477-EF1DE6815EDF.jpg

さてまたジョイントチームが取材を受け
先日と同じように熊さんが出演します。
日時:3月24日(火)16:30~19:00
放送局:ラジオ関西558kHz
番組名:「時間です 林編集長」
熊さんが出演するのは18:30~18:50
ぜひお聞きください。
「本から生まれるものは愛」の朗読もあるはずです。

宮沢賢治のTシャツ

淡路島でのはじめての講演
昨夜無事に終了しました。
会場で3人の方にパトロンになっていただき
14日のホワイトデーの日に
総支援額が100万円を超えました。
ご協力ありがとうございます。
目指せ120万円。
4月3日の締切まで奮闘が続きます。
150314-0001 (2)

宮沢賢治の詩を使った
Tシャツはもう1案作っていました。
今日の写真がそれです。
負けるな「本から生まれるものは愛」

Tシャツ第2案

明後日はホワイトデー。
バレンタインデーのときにも
お願いしましたが
今度は男性からプレゼントですね。
そう言えば2月14日にはこんなメッセージをそえ
パトロンになってくださった女性がいました。
「バレンタインデーに東京のKTさんに
愛をこめて寄付をします」と。
そのお返しがあればいいのですが・・・。
!cid_C98EE32F-CF3E-48A3-9D7F-DE8BAF69335F.jpg

Tシャツの新しいデザイン案です。
「本から生まれるものは愛」18P~19Pのメッセージを
Tシャツに仕上げたものです。
これを着て街を歩いていただけますか?
3月12日現在支援総額は998,310円です。
最終目標の120万円をクリアーできますように
皆さまのお力をお貸しください。

絵本を売るために

3月10日現在
支援総額は982,310円 パトロン数は102人
3月1日に所期の目的であった85万円を達成し
わずか9日間で支援額は100万円に迫り
パトロンの数も100名を突破しました。
残された日は24日。
プロジェクトはまだまだ成長中です。
最終目標である120万円に到達できるよう
この先もご支援よろしくお願いします。
!cid_8738F5EF-D070-4CEB-9366-110CD87AD0C8.jpg
13日に淡路島ではじめて講演をします。
参加していただく方々に
「本から生まれるものは愛」を注文してもらおうと
関西学院大学出版会のフォームを借りて
個人用のFAX注文用紙を作りました。
この用紙を活用し多くの注文をとるつもりです。
パトロンの皆さまの支援を得るばかりでなく
本が売れてようやく福島の子どもの援助ができます。

Tシャツのデザイン案

印刷会社からメールがきて
3月16日には製本が終わり
出荷予定とのこと。
そこから東販・日版ほかの取次ぎに渡り
全国の書店へと届けられられますので
本が店頭に並ぶのは4月はじめごろでしょうか。

そんなあわただしい状況の中
イラストレーターの藤井さんと相談し
本が完成した暁には発売する予定の
Tシャツのデザイン案を考えてみました。
3種類くらいのパターンを制作するつもりですが
ここにたどり着くまでに
藤井さんには15案くらい考えてもらいました。
Tシャツのデザインってむずかしいですね。
!cid_69684B98-E57D-43A1-9DF7-50F0D4BA7CFB.jpg

皆さまへのお願いです。
プロジェクトは成功しましたが
4月3日までパトロンは募っています。
最後までご支援よろしくお願いします。

プロジェクト成功

!cid_3600F30A-1370-49F4-9154-F7BC28B00760.jpg

850,000円を目標金額にした
「チャリティー絵本制作プロジェクト
 ~福島の子どもに笑顔を~」は、
3月1日、午前11時32分に達成できました。
多くの皆さまご協力ありがとうございました。
プロジェクトの開始から47日でのSUCCESSです。
1日が経過した今日現在
パトロン数90人 支援総額883,310円 残り日数32日です。
プロジェクトはまだまだ続きます。

目標金額に定めました85万円は
絵本約1200冊分の印刷・製本をめざした金額です。
「関西学院大学出版会」が発売に乗り出してくれ
販路が全国に拡大したため事情が変わりました。
少なくとも3000冊の配本(印刷)が必要です。
私たちは残りの32日も全力で駆け抜けます。

プロジェクトは絵本制作が目的ではありません。
本が順調に売り上げを伸ばし、
そこで得た資金で活動が活発化し完成です。
「福島の子どもに笑顔を!」
この最終目標に向かって私たちは頑張ります。
今後ともご支援よろしくお願いいたします。

信じられないことばかりのこの日本で
ネットだけでつながった多くの方々から
多額の寄付金をいただけたことに
心を動かされました。
パトロンになっていただいた皆さま
厚くお礼を申し上げます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。