スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

制作現場から・・・・・・(15)

帯に続いて
FAXで全国の書店に流す
「新刊速報NEWS」の制作をやりました。
これは発売元の「関西学院大学出版会」が
注文をとるための重要なツールですが、
私と藤井さんも手伝いました。
これで多くの注文が取れますように
との願いを込めて・・・・・・。
新刊速報

さて制作は本当に大詰め。
あと何が残っているか
思い浮かべられないほどです。
パトロンになってくださる人も増え
目標金額達成もあと1歩です。
私たちは85万円の目標を超えて
できるだけ多くの資金を集めたいのですが
その間の事情は次回にお話します。
スポンサーサイト

制作現場から・・・・・・(14) 帯 後編

!cid_DAEF8137-19B3-4FF9-95F6-B01629843CDE_201502261004135ae.jpg

ヘッドコピーは決めたものの
あとか続かず悩んだ末に
私自身が1997年に角川書店より上梓した
長編小説「秋の苦い光」の帯を見てみました。
「人生あきらめるなんて、嫌やねん
大地震をきっかけに過去の挫折から再生へと向かう
女の異色半生記」

なるほど、自分自身で作るとなれば
こんなコピーはとても書けませんね。
ジョイントチームのメンバーには
書籍のプロパーがいるので
彼にアドバイスを求めた結果
仕上がったのが以下のコピーです。

「子どもたちを放射の被ばくから守りたい思いが、
このような本になりました。あなたの手にする
1冊1冊が、福島の子どもたちの保養キャンプを実現します」

コテコテの大阪弁コピーか
ややヒューマニスティックなコピーか
どちらが売り上げを伸ばすのか
私にはよくわかりません。









制作現場から・・・・・・(13)

久しぶりの制作現場からのレポートです。

文と絵を組み合わせ
表紙を作り、あとがきと奥付けを加え
1冊の本になる過程を追ってきましたが
絵本が書店に並ぶには
まだすべきことがあります。
通常は私たちの仕事ではなく
大手の出版社なら宣伝部の業務かもしれません。
表紙に巻く帯を作る作業が残っていました。

発行:樹書林
発売:関西学院大学出版会
絵本はここから制作・販売されます。
どちらも帯の制作に人員を避けるほど
ゆとりがないようなので
私と藤井さんで作ることにしました。
!cid_DAEF8137-19B3-4FF9-95F6-B01629843CDE.jpg

メインコピーはやはりこれです。
「太陽!私は今日も晴れです」
サブコピーは次のようにしました。
「美しい絵とともに、
福島の、福島での、福島への
希望を謳う13編」
やや面映いコピーです。

太陽!今日も私は晴れです

太陽!今日も私は晴れです
明日!ラジオ放送の日です
!cid_C29D4289-8F3C-4839-BA29-B53D86CDA10C_20150221105802cc8.jpg

MBS毎日放送(1179ヘルツ) 17:59~19:00
番組名:「伊東正治のミュージックバル」
ゲスト:熊和子(福島HPジョイントチーム)
制作中の「本から生まれるものは愛」が朗読されます。
お聞きのがしなく。
ラジオのない方、遠方の方は、
インターネットラジオ「radiko.jp」でお聞きください。

ラジオ番組出演 最終回

ラジオ番組出演 最終回 
「CAMPFIRE」のプラットホームを使った
クラウドファンディングの最新の活動報告です。
来る2月22日にジョイントチームのメンバーが
ラジオ番組に出演し私たちの活動への理解を求めると共に
「パトロン=資金提供者」になってくれるよう訴えます。
また同番組で「本から生まれるものは愛」の一編が朗読されます。
MBS毎日放送にダイアルを合わせ
ぜひラジオをお聞きください。
日時:2月22日(日)17:59~19:00 MBSラジオ(周波数1179)
番組名:「伊東正治のミュージックバル」
出演者:熊和子  15分ぐらい彼女がしゃべり音楽と詩があります

今日の絵は朗読されるページのものです。
ラジオを聞くときには
この絵を見ながら聞いてもらえたらうれしいです。
音楽番組にふさわしくゲストは
好きな曲を選ぶことになっています。
私たちのプロジェクトにピッタリの曲を選んだそうです。
彼女の選曲もお楽しみください
よろしくお願いいたします。
!cid_C29D4289-8F3C-4839-BA29-B53D86CDA10C_20150219100342e75.jpg

ラジオ番組出演 続続

ラジオ番組 続続 
「CAMPFIRE」のプラットホームを使った
クラウドファンディングの最新の活動報告です。
来る2月22日にジョイントチームのメンバーが
ラジオ番組に出演し私たちの活動への理解を求めると共に
「パトロン=資金提供者」になってくれるよう訴えます。
また同番組で「本から生まれるものは愛」の一編が朗読されます。
皆さまぜひラジオをお聞きください。
日時:2月22日(日)17:59~19:00 MBSラジオ(周波数1179)
番組名:「伊東正治のミュージックバル」
出演者:熊和子  15分ぐらい彼女がしゃべり音楽と詩があります

遠方のかた、ラジオをお持ちでない方は
パソコンあるいはスマホで、radiko.jpで検索し
お聞きください。

今日は3番目の候補です。
これは表紙に転用しましたので
何度となく目に留めていただいているでしょう。
死を前にしてなおも本を読み続けることに
どんな意味があるのか?
ということを内容にした一文です。
!cid_D15FBACC-218A-48C4-B81C-E05D44A530A0.jpg

ラジオ番組出演 続

ラジオ番組出演 続 
「CAMPFIRE」のプラットホームを使った
クラウドファンディングの最新の活動報告です。
来る2月22日にジョイントチームのメンバーが
ラジオ番組に出演し私たちの活動への理解を求めると共に
「パトロン=資金提供者」になってくれるよう訴えます。
また同番組で「本から生まれるものは愛」の一編が朗読されます。
皆さまぜひラジオをお聞きください。
日時:2月22日(日)17:59~19:00 MBSラジオ(周波数1179)
番組名:「伊東正治のミュージックバル」
出演者:熊和子  15分ぐらい彼女がしゃべり音楽と詩があります

MBSからチャリティー絵本「本から生まれるものは愛」の
どの部分を読むか決めるようにとの要請があり
私は4編の候補作を選びました。
絵は2番目の候補です。
!cid_1E026855-87F3-4098-A911-3FAF886021BC.jpg

ラジオ番組出演

「CAMPFIRE」のプラットホームを使った
クラウドファンディングの最新の活動報告です。
来る2月22日にジョイントチームのメンバーが
ラジオ番組に出演し私たちの活動への理解を求めると共に
「パトロン=資金提供者」になってくれるよう訴えます。
また同番組で「本から生まれるものは愛」の一編が朗読されます。
皆さまぜひラジオをお聞きください。
日時:2月22日(日)17:59~19:00 MBSラジオ(周波数1179)
番組名:「伊東正治のミュージックバル」

MBSからチャリティー絵本「本から生まれるものは愛」の
どの部分を読むか決めるようにとの要請があり
私は4編の候補作を選びました。
今日から4回シリーズで絵を紹介します 
前々回どのシーンにも月と太陽を描く
という約束事を書きました。
さてこの絵の月はどこにあるでしょうか?
!cid_D98DF9FA-DBDC-47FC-B53E-49FC7A6F970F.jpg

福島の子どもたちに笑顔を に寄付を!

今日はバレンタインデー、この日を祝い
「チャリティー絵本制作プロジェクト」を展開している
「福島HPジョイントチーム」への寄付の呼びかけたところ
「パトロン(資金提供者)」が応じてくれました。
(詳細はhttp://camp-fire.jp/projects/view/1409をご覧ください)
!cid_C29D4289-8F3C-4839-BA29-B53D86CDA10C.jpg

バレンタインデーの画像にはこの絵を選びます。
制作中の絵本「本から生まれるものは愛」で
私がいちばん好きな絵です。
本を出版したあとこのデザインで
Tシャツを作るつもりです。

「太陽!今日も私は晴れです」
詩のメッセージを私はこう締めくくりました。

クラウドファンディング成功のために
皆さまパトロンになってください。
お願いいたします。

バレンタインデー

今週の土曜日はバレンタインデーです。
プロジェクトのスタートは1月14日。
3月14日にはホワイトデーがあり
14を目印とした「愛」の日が
「飛び石?」で続きます。
また阪神大震災(1月17日)、東日本大震災(3月11日)
とプロジェクトの課程には
私たちが深い縁をもつ鎮魂の日もあります。

皆さまの支援を得て
出版を予定しているの絵本の題名は
「本から生まれるものは愛」
そこで2度の「愛の日」を
プロジェクト拡散の日ととらえ
改めて資金提供者になっていただきたいと
訴えることにしました。

バレンタインデーには女性の方に
ホワイトデーでは男性の方に
パトロン(資金提供者)になっていただけるよう
心からお願いいたします。

CAMPFIREのシステムでは
何度でも500円から寄付していただけます。
新規登録の終わった二度目からは手続きがとても簡単。
新規の方、幾度か支援いただいている方
いずれも小額で十分なのです。
よろしくお願いいたします。
!cid_F303E803-3EF4-4203-94D8-AE3ADC98F803.jpg

イラストレータの藤井さんの手による
バレンタインデーにふさわしい絵を探しましたら
見つかりました。
藤井さんらしいいい絵ですね。

これは2006年に「日本実業出版」から出しました
「自己分析ノート」で使用したものです。
文は私が書き、絵を藤井さんにお願いしました。
大学生向けの就活本で
私たちが手がけたものでは比較的売れた本です。
「整理混乱的自己」というタイトルで中国語に翻訳され
中国でも2万部ばかり売れたのではないでしょうか。

驚いたことに
この本でも「本から生まれるものは愛」同様
三日月が描かれ太陽もあります。
月と太陽の原則を決めたときは
「自己分析ノート」のことなど
私たちの念頭にありませんでした。
次回は「制作現場から」に戻り
このあたりの偶然の一致に触れてみます。

最後にもう一度お願いします。
プロジェクト成功のために
皆さまの力をお貸しください。
よろしくお願いします。

制作現場から・・・・・・(12)

絵本を作るにあたっての
イラストレーターの藤井さんと
私の間の数少ない約束事として
どのページにも月と太陽を登場させた
と前回述べました。
それぞれのページを見ながら
その意味するところを考えてみたいと思います。
!cid_05079ECC-1A23-4BF4-9E0E-93B4FBEBEB4E.jpg

これは最初のパートの絵です。
このページの文はこんな風です。
「人類を生んだその赤い大陸では
平原のまんなかを三日月が歩くらしい」
この平原を三日月が歩くという部分は
他者の詩からの引用で
確か阪田寛夫さんの詩でした・・・。

このページに描かれた三日月は
平原を歩く月に由来するのでしょう。
当初の絵にはだから
太陽はまだありませんでした。
この最初のページを作ってから
先の約束事にいたるには
数週間の経過があります。

その間私が考えていたことは
自然の一日は
太陽と共にあるか
月と共にあるかなのだ
ということだったと思います。

なぜ両者を並存させなければならないのか
私にはまだわかっていません。
A~Zなのでしょうか?
絵本はトータルないのちの結びつきを
描きたいのでしょうか。
よくわからないままに
私たちは各ページに
月と太陽を描く方向へと進みました

制作現場から・・・・・・(11)

このページの絵が
私は好きです。
伸びやかで
どこかカーニバルの雰囲気があります。

イラストレーターの藤井さんが
なぜこのような図柄を選んだのかわかりません。
絵は文で得たイマジネーションによって描かれます。
その際絵に影響を与えるのは
意味や文の内容に限らないのだと思います。
それについて考えてみます。

このパートの文章はシンプルです。
それぞれ4行 6連で構成され
どの連もすべて同じフレーズ
「いちばんいいのは・・・」ではじまります。
そして語られるメッセージも明快です。

シンプルに生きろ
テーマパークに行くな
カメレオンの音楽を聴け
アリスの穴に落ちろ
海に携帯電話を捨てろ
虹を蝶結びにしろ

このストレートなメッセージを
文頭に置かれた「いちばんいいのは」を
シンコペーションにした
ビートできざめば
このような絵になるのでしょう。

私と藤井さんには
月と太陽をどのページにも描くという
約束事がありました。
文章の力強い単純さに引きずられ
ここでは太陽と月が練り歩く
明るい南国のお祭り気分を生んだと
私は解釈しました。

絵のトーンやタッチを決めるのは
このように文の内容よりも
様式・リズムなどによることもあるのですね。
!cid_0083CCC1-DFBA-4729-8052-105BE1930A3A.jpg

制作現場から・・・・・・(10)

150205-0001.jpg
これが表紙(裏表紙)の最終イメージです。
いちばん大きな変更は
右から左に向かって走る列車が
表1(表紙)だけになり
表4(裏表紙)に逆方向へ向かう
列車が加わったことです。
そのほかに表4の左端には
大きな顔が出現しました。

表4の列車の替わりに現れた白い窓。
それが今回の「制作現場より」のネタです。
本を購入するとき
たいていの書店では
白い窓のあたりにバーコードリーダーをあて
書籍情報を読みとります。
このデジタル情報を作るのも
制作の仕事の一部になっています。

ここにはISBNと呼ばれる13桁の数字
「書籍JANコード」というバーコード
それに価格 発行元 発売元などが印刷されます。
チャリティー絵本の制作は2度目ですが
前回と発売元が替わりました。
であるためここには
発行 樹書林
発売 関西学院大学出版会
と印字されます。

多くの大学では出版部を大学の機構の中にか
大学生協などの関連組織のうちに抱えています。
東京大学出版会 法政大学出版会
京都大学出版会などが有名です。

関西学院大学出版会も
そのような組織のひとつです。
関西学院大学は11学部を擁し
125年歴史をもつ
関西の老舗私立大学です。
私自身この大学で学んだ親しみもあり
チャリティー絵本の発売を担ってもらえれば
とても頼もしく思います。

関学大の卒業生は約20万人。
同窓生の1割にでも購入してもらえれば
どれほど多くの福島の子どもに
笑顔を与えられることでしょう。
そんな楽しい夢を見ながら
表4の制作を続けました。

制作現場から・・・・・(9) あとがきを書く(続続)

「本から生まれるものは愛であり希望である」
というメッセージには、
少し説明が必要です。
本文でも触れましたが、
タイタニック号が氷の海に沈もうとしているのに、
悠然と本を読む人がいたという記事を、
どこかで読んだことがあります。

「無人島に何かひとつ持っていくなら」という問いに、
多くの人が「本」と答えるということとも、
どこかで関係しているかもしれません。
そして何よりも末期ガンの私の友人が、
死の3日前に分厚い宇宙科学の本を読んでいたこと。
これらが合わさってこのメッセージが生まれました。

死を前にして人が本を読むのは、
知識を増やしたいからではありません。
彼らは、愛と希望をそこに探しているのだと思います。

 別の面から考えてみます。
「本の中にはぎっしり問いがつまっている」という説があります。
 阪神淡路大震災や東日本大震災では、
多くの幼い子どもがなくなりました。
町が水没したり、大火災が起こったり、
今もまだ行方不明の人がいたりなど、
私たちは人智を超えた不条理に、
見舞われることがあります。

そして人々は悲劇のまんなかで
「神よあなたはそこにいるのか?あなたがこの惨劇を許したのか?」
と問うことでしか、
与えられた試練を受け入れることができないのです。
どんな熱烈な問いにも神は黙したままです。
神が口を開かないのは、
人間の未熟な問いに、
心を揺さぶられないからだと説明する人もいます。

いささか宗教的な結論となりますが、
「本から生まれるものは愛であり希望である」というメッセージには、
神の沈黙を前にした人々の肯定があります。
神の答えがなくても、
私たちは愛を探し、
希望を求めることだけはできるのだ、
というのがこの本で得たひとつの結論です。
!cid_1BA2629F-8F1A-4FA9-A8F5-4B04BA052226.jpg
絵本の制作も大詰めと言いました。
ここ3回で書いたのは
あとがきのようなものです。
あとがきが仕上がると
残るは「本文扉(1ページ目)」と
「奥付け(32ページ目」です。
今日写真で紹介しますのは、
本文と最初と最終ページ。
次からは表紙に戻ります。
完成まであと数歩のところですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。